【レビュー】ガンバ大阪 vs 名古屋グランパス Jリーグ第6節 3対1で敗戦

グランパス

互いに新監督となり、組織構築に課題を抱える両チームの戦いでした。

スタメンと展望

両チームのスタメンです。互いにまだまだ組織力が低いため、柏戦と同様、個人の能力と決定力の戦いになると予想していました。互角の戦いになると思ったのですが、結果は3対1で完敗に近い印象でした。

名古屋のスタメンは前節と同様。左サイドの相馬、森下のラインの守備力が心配でした。最初から吉田を起用できていれば結果は違ったかもしれません。

ガンバについても、組織構築に問題を抱える状態でした。しかし、最前線のパトリックの能力・決定力が試合を分けてしまったかもしれません。

以前のガンバの試合を見て、攻撃的な采配のため、両サイドバックの裏を狙いたいと書きましたが、逆に名古屋の両サイドバックの裏をガンバに使われました。残念です。

良かったところ!

  • 柿谷の攻撃面のプレーが非常に効果的だった
  • 藤井がパトリック相手に負けなかった、攻撃でもいいプレー
  • 仙頭ボランチのビルドアップ能力、ボール奪取からの得点
  • ランゲラックの神セーブ
  • 吉田の復帰
  • 甲田のキレのあるプレー

前半:両チーム共に組織化できていない攻守、名古屋左サイドの不安定さ

お互いに、プレッシングでも、ポゼッションでも、ポジショナルでもない、明確な戦術が見えない戦い方でした。名古屋は前からボールを奪いに行き、人数をかけて攻めようという意識は感じました。ガンバもときおりパスでの連携攻撃を見せます。

名古屋はゆるいゾーン守備で、敵選手をフリーで放置する状況は相変わらずでした。

ビルドアップ時の選手の遠すぎる距離感

攻撃面では、FW3人+仙頭が前がかりになることがあり、プレッシャーを受けるとビルドアップに失敗するいつものパターンも繰り返されます。ビルドアップにも、サイドでボールをつなぐときにも、フォローが絶対的に不足していました。

選手同士の距離感が遠いと解説されていましたが、まさにその通りで組織としての連動性はまだまだ構築できていません。

8分過ぎから、ややガンバが前からプレッシャーを強めます。

15分ごろから、名古屋のプレッシャーが弱まり、ガンバの選手がフリーでボールを回せるようになりました。流れはガンバに傾きます。相変わらず、中途半端なゾーンディフェンスとリトリートです。ガンバにいい形でシュートを許すようになります。既にこのあたりで失点の気配が濃厚でした。

18分、逆に仙頭が前線でパスカットをしてクロス、おしくもヘッドはあいませんでしたが、決定機を迎えました。やはりこういうプレッシングからの速攻が名古屋に適していると思います。

当然の結果としての失点

ガンバがポジショナルにパスをつなぐと名古屋はなすすべがなく、シュートを外してくれるのを期待するか、ランゲラックがセーブするのに期待する展開です。

そして、ガンバがFKのこぼれから昌子がシュート、パトリックがコースを変えて先制です。

さらにパトリックの超決定的なシュートもありましたが、これはランゲラックが神セーブで防ぎます。

攻撃的な選手配置の功罪

この試合、名古屋の左サイドは相馬、森下の二人でした。攻撃ではある程度機能した森下でした。しかし、守備となると相馬のフォローをできるだけの能力はありません。

相馬の守備のときの中途半端なポジションと、それもあって釣り出される森下のあわせ技で、左サイドはかなり不安定でした。

守備組織の構築不足と、中途半端な攻撃

根本的に、名古屋の守備は組織的に構築されていないため、常に弱点になっています。開幕から少しずつでも改善していればいいのですが、全く改善が見られません。

はっきり言って攻撃以上に手を付けないと危険な状況だと思います。

攻撃では名古屋ではパスをつなぎ人数をかけた攻撃も見せましたがゴールは決めきれず。試合を通して、前からプレスをかけ左サイドでボールを奪って攻める形が最も組織だった効果的な形でした。やはりまずいい守備があるからこそのいい攻撃だと感じます。

名古屋のゆるい守備にガンバのパス攻撃がはまり、ガンバ優勢で試合は進みます。

後半:崩された名古屋の両サイド、仙頭意地の1ゴール

稲垣OUT→柿谷IN。仙頭がボランチです。

かなり攻撃的ですが、今日のガンバなら柿谷が穴になることはないと感じました。柿谷はガンバの守備のスキを突き、ドリブル、パス、スルーパスなどで攻撃を作りました

後半、私が不安だったのは、左サイドの守備力でした。

序盤は名古屋ペースでしたが、徐々にガンバが前からのプレッシャーをかけ流れを掴みかけます。一方、名古屋もプレッシャーをかいくぐれば柿谷がからみいい攻撃を繰り出しました。

トランジションでのリスク管理不足、サイドバックの上がったポジション

一進一退の試合でしたが、不安が的中し、左サイドでフリーの選手からクロスを入れられ、不運にもオウンゴールになりました。

トランジションで森下が思い切って上がったが、柿谷からのパスが奪われたあと、森下が上がった穴を相馬もレオ・シルバもカバーしないという状況で左サイドをフリーで使われました

繰り返される失点パターン

攻守の切り替えの際にサイドバックが上がり、ボールロストからのカウンターで失点です。柏戦でもみられましたが、サイドバックが上がった後のリスク管理。これがチームとして全く対処されていません。

WGが戻るのか、ボランチがずれるのか、あるいはセンターバックが広がるのか、状況にもよりますが、チームとして決め事を作っておく必要があると思います。

右サイドから決定的な3点目

60分、相馬、森下OUT→阿部、吉田IN。

吉田が復帰し、阿部が左WGに入ります。今日のガンバであれば阿倍の動きと連携で崩すという目論見は間違ってなかったと思いましたが、得点にはつながりませんでした。

ビルドアップという面では、積極的に中盤に下がって顔を出す柿谷、阿部がいる後半の方が良かったと思います。

しかし、名古屋が得点する前に、名古屋のゆるい守備でガンバにパスをつながれ、3点目を決められてしまいます。柿谷、藤井、チアゴ、仙頭、全ての守備がゆるくカバーも遅く、最後のしわ寄せを宮原が押し付けられた形で失点となりました。

守備を十分に構築しないまま、攻撃ばかりに重点を置いていることにより、マイナス面がプラス面をどんどん上回ってきている気がします。

仙頭が意地のゴール

70分、ガンバのダワンが交代です。攻守にかなりやっかいな選手でした

71分、マテウスOUT→甲田IN。

今日の甲田はファーストタッチが良く、ドリブルも切れがありました。

もったいなかったのは、相手ゴールから遠い位置でのプレーが多かったことです。相手ゴール近くでプレーさせる意識がチームとしてほしかったです。

試合終盤、点を取るしかない名古屋が前からプレッシャーをかけます。そして仙頭がパスカットからゴールを決めました。

今の方向性は勝てるチーム、強いチームに向かっているのか?

散々パスをつないで攻撃をしても得点には至らず、パスカットからのカウンターで1点です。名古屋の攻撃は、この日も相手守備を崩し切ることはほとんどありませんでした。しっかり引いたガンバのブロックの周りでパスを回し、クロスを弾き返されるか、遠くからシュートを打つシーンが多かったです。

一方、仙頭のボール奪取からの攻撃は確実に敵守備が崩れたシーンでした。

今年進むべき方向性ははっきりしていると思うのですが・・・。

名古屋の守備面の組織構築はいつ手を付けるのか?

互いに組織力の構築度がまだまだ低いチーム同士の対決でしたが、名古屋の守備のゆるさをガンバのポジショナルなプレーで崩された印象です。

そして、FWパトリックの決定力が試合を分けてしまったでしょうか。

個人的には、組織面で大きく劣らない今日の試合は少なくとも引き分けで終わらせないといけない試合と感じていました。

しかしこの結果です。

先週の試合で、プレスからの攻撃の一端が見えていたので、この試合はそれを向上させた内容を期待していました。ですが、この日も相変わらず攻撃も守備も中途半端なままでした。

降格や順位争いがなければ、ひたすら攻撃だけを追求してもいいと思うのですが。。

長谷川監督、堅守速攻にしないのでしょうか?

長谷川監督は、いつまで今のままの守備を放置しておくのでしょうか?今の名古屋はポジショナルにプレーされたら確実に崩される守備組織です

リスク管理もなくサイドバックが上がった裏から常に失点しています。そして、敵選手がフリーすぎて常にリスクを抱えた状態で戦っている印象です。

守備を捨てて攻撃を取るのか?昔の名古屋に戻ってしまうのでは?

守備を放棄してチームづくりをするのであれば、ポジショナルな攻撃を構築できる他の監督のほうが良い気がします。

本当に強いチームになって欲しい今の名古屋には、堅守速攻の構築が最優先だと思います。

攻撃的なチームを目指すのは、固い守備を構築してからで十分です。

アグレッシブな攻撃の前に、アグレッシブな守備が必要なのではないでしょうか。

このままだと、本当に降格争いに巻き込まれる可能性が高いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。これからもたくさん記事を書いていくために、少しだけご協力ください。下の2つのバナーをクリック、もしくはポチッっとお願いします(名古屋グランパスの人気ブログの一覧画面が表示されます)。

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ

コメント