【鹿島アントラーズvs名古屋グランパス】2対0、鹿島が見せた真の堅守

グランパス

強豪鹿島に、今の名古屋がどこまで通用するのか。30周年記念の、大一番です。

総括:鹿島が見せた本当の堅守に名古屋沈黙。流れも悪く打開できず

鹿島の守備のプレッシャーに、終始名古屋の選手が萎縮し本来のプレーが発揮できなかった印象です。

真の堅守とは何か?その解答を今日、鹿島に教えてもらった印象です。

散々、マスコミは名古屋を堅守堅守と謳っていましたが、本当にそうだったのか?

私が散々書いてきましたが、その答えを鹿島に証明されたと感じました。

名古屋にはまだ、本当の堅守は備わっていない。

しかし、ここから本当に強いチームになればいいだけだと思います。

前半:鹿島盤石の守備組織、CKから鈴木が先制

立ち上がりは互いに相手ゴールへ迫る攻撃を見せます。

徐々に試合は落ち着いて行きますが、時間が経つに連れ感じたのは、鹿島守備の強固さ。

組織的な穴もなく、1対1の局面でも名古屋選手を封殺することが多いです。

名古屋の選手は鹿島守備のプレッシャーを常に感じていたと思います。

そして、CKから鈴木がなぜかドフリーで先制。マークが絶対に必要な選手だと思うのですが。

名古屋は全体的なプレスも甘く、鹿島のロングボール、鹿島FWの鈴木らの強さも含め、DFラインを高く維持することもできませんでした。

鹿島が不調だった頃の守備のゆるさが全く見られません。強い鹿島が帰ってきた印象です。

後半:鹿島盤石な試合運び。追加点も奪われ、名古屋完敗

後半、名古屋は選手交代も含めなんとか打開策を探りました。

まず、和泉IN、内田OUT。和泉を左WBに、森下を右WBへ配置。

この試合は、米本の狙う勝負のパスがことごとく鹿島守備網に防がれました。

酒井、長澤IN、永井、米本OUT。

スピード不足が気になるところですが、酒井を投入です。

鹿島がやや高めから守備網を構築すると、名古屋のビルドアップが窮屈になりました。

それでも、代わった長澤が左右にパスを散らし、反撃の糸口は見つかりつつありました。

その矢先、ランゲラックのスーパーセーブの後、ゴール前で足が止まってキープしたところを鹿島にプレスをかけられ、追加点を奪われました。

インテンシティ、守備の組織力、運動量、本当の堅守を見せた鹿島の前に、名古屋は沈黙。

さらに鹿島は決定機を確実に得点へつなげる。

名古屋、久々の完敗です。

スタメン:ベストメンバー。左WBに森下、右WBに内田

左WB森下、右WBが内田です。

選手評:鹿島の堅守をこじ開けられず

ユンカー:なんとか起点になるが、思い通りにならない試合にイラ立ち、持ちすぎてしまった。

マテウス:前半、ポジションは中央でピトゥカをマークか。キックでチャンスは作るが、決定的な仕事はできず。

永井:いい動きを見せるも、鹿島守備に抑えられる。途中交代。

内田:鹿島守備にてこずる。途中交代。

森下:1対1で苦戦。左足ではクロス精度がやや落ちるのは致し方ない。余裕がある場面では、左サイドでも右足で精度の高いクロスを蹴れば良かった。膠着状態を打開する、スピードのある、質の高いアーリークロスが欲しかったか。

稲垣:鹿島のフィジカルの強さにてこずる。2失点目につながったプレーはあせりがあったか。

米本:鹿島守備に下がってビルドアップへ入らざるを得ない。ロングシュートで活路を探った。勝負のパスをことごとく防がれた。

野上:機を見た攻撃参加で反撃を試みた。2失点目につながった場面は状況判断を誤った。安全が確認できない場合は、絶対にクリアをするべき。

中谷:鹿島のロングボール、裏への抜け出しにDFラインを高く維持することが厳しかったか。膠着打開のための攻め上がり判断は間違っていない。

藤井:鉄壁の鹿島守備網を前に、危ないプレーが見られた。世界で戦うには、自陣でボールを失ってはならない。また、3バックとして、今日の試合こそ、藤井に攻撃の起点としてのプレーが求められた。

和泉:今日に限っては、名古屋の攻撃が停滞していたことも原因だが、ボールを持ってしまうがゆえに、攻撃のスピードを落とす部分は改善しておきたい。ガンバ戦で感じたが、和泉の最もいいプレーは判断の早いダイレクトプレー。フィールド全体を見渡した状況判断と、個人技は勝負の局面で。

酒井:やはり動きの鈍さを感じる。守備でもインテンシティが足りない。重量オーバーでは?

長澤:左右にパスを散らし、攻撃の足がかりとなった。途中出場が相性がいいのか?

鹿島に突きつけられた現実。ここから再出発を

鉄壁の鹿島を相手に、完封された名古屋ですが、これが本来の実力です。

悲観する必要はありません。以前から書いていますが、今の名古屋は、そもそもがリーグ中位レベルの実力です。ここまではラッキーも重なり上位に立っていただけです。

むしろ、ここからどうレベルを上げていくかが重要です。

堅守を目指すのであれば、今日の鹿島レベルにまで守備力を上げる必要があります。やはり、FWを含めた高度な守備組織の構築が必要になります。

攻撃では、攻め手を増やすため、後ろからのロングフィードやアーリークロスなどはより高い精度が求められます。また、今日は中央からの攻撃をことごとく防がれましたが、穴を開ける手段をいくつか用意したいところです。

守備面で、名古屋が目指すべきレベルがどこにあるのか?それを実感できた試合だと思います。これからに活かせばいいです。

そして、次節は広島戦。前節神戸に敗れはしましたが、個人の能力・組織力共にレベルは高いです。

間違いなく強敵ですが、臆さずに戦ってほしいです。

苦しい試合でしたが、チームの皆さん、お疲れ様でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。これからもたくさん記事を書いていくために、少しだけご協力ください。下の2つのバナーをクリック、もしくはポチッっとお願いします(名古屋グランパスの人気ブログの一覧画面が表示されます)。

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ

コメント