【FC東京vs名古屋グランパス】2対0、名古屋完敗。FC東京が示した堅守になすすべなし

グランパス

前半戦を2位で折り返した名古屋、後半戦の初戦は長谷川監督の古巣、FC東京戦です。

ホームで戦った際は、松木不在、けが人も多くFC東京は状態が悪い中、名古屋の勝利。

FC東京は監督交代後の試合。

名古屋については、後半戦は、戦術的な成熟度を徐々に上げていきたいところです。

総括:攻守に強度が高く組織的なプレーを見せた東京が完勝。名古屋は全てが足りなかった

序盤は互いに中盤でプレッシャーをかけ合う互角の展開。

しかし、試合が進むに連れて、FC東京の高い位置からのプレッシャーが名古屋を押し込みます。

FC東京のプレッシャーになすすべがない名古屋のビルドアップ。以前から指摘していましたが、ボールを奪っ際のサポートの遅さが今日の致命傷となりました。

ボールがつなげられず、ロングボールもFC東京に回収されるシーンが多いです。

ときおり見せる鋭いカウンターも、今日は決めきれずに3トップも沈黙。

名古屋は守備面で危機感を感じていないFWの守備がゆるく、当然のごとくピンチを招きます。

そしてディエゴ・オリベイラを止めきれず、失点を許します。

前後半を通して、FC東京のプレッシャーの強度は落ちず。後半にもFC東京がセットプレー後の名古屋のゆるい守備をついて追加点。

堅守だったはずの名古屋、FC東京に完全にお株を奪われ、完敗です。

前半:FC東京の前からの守備に沈黙。全体の守備意識も低く、1点リードを許す

FC東京の前からマンツーマン気味にパスコースを限定しながらの守備で、名古屋のビルドアップが膠着します。

サポートの遅さはまだまだ改善されていませんでした。

相手チームが前からプレッシャーをかけているのに、なぜボールの周りにいる名古屋の選手は速いサポートをしないのか?これは常に感じる疑問です。速攻にならないときの練習はできていますか?

守っても、FC東京の攻撃が効果的なのにも関わらず、なぜか全体的にゆるい守備が続きます。

ディエゴ・オリベイラの強さとうまさ、俵積田のドリブルなど、明らかに脅威となっていました。

また、サイドで3名程度の連携で崩しにかかるプレーにも手こずりました。

そんな中、特にFWが危機感を感じていないのが不思議でした。

明らかにFC東京の攻撃に危ないシーンが続いていました。一時的にせよ、守備に重点を置く必要性に気づき、チームを助けなければなりません。

案の定、FC東京のディエゴ・オリベイラにうまくターンされ、シュートを決められます。

失点してからは、全体の動きはやや改善された印象でしたが、試合の流れを感じとったプレーが見られなかったことが残念です。

後半:FC東京が盤石のプレーで追加点。交代選手を投入も名古屋は完敗

米本 OUT → 山田 IN

FC東京のプレー強度に山田が耐えられか心配でしたが、やはりFC東京のプレッシャーに苦戦しました。

後半の名古屋も守備はゆるいです。

試合の流れは依然、FC東京ペース。前線からのプレッシャー、攻撃時のサポートも緩みません。

永井、和泉 OUT → 重廣、河面 IN

森下が右WB、河面が左WBへ。

名古屋は交代策に活路を見出しますが、得点には繋がりません。

森下 OUT → 石田 IN

名古屋は全体的に守備がゆるく、セットプレー後のボールをつながれ、2失点目。

野上 OUT → 貴田 IN

河面が左CB、藤井が右CBです。

貴田が惜しいシュート、こぼれをユンカーが決めましたが、オフサイドで取り消し。

貴田らが奮闘しますが、流れは変わらず、名古屋完敗です。

スタメン:ケガの丸山に変えて野上が先発、それ以外はレギュラー

全てが劣った名古屋。普段の練習は問題ないのか?

非常に良かったFC東京。前線からの組織的なプレス、サイドを崩した連携プレー

監督の交代、そして、第一戦では出場しなかった松木らがそろったFC東京はレベルの高いプレーを見せました。

特に目立ったのは高い位置からの組織的で強度の高いプレッシャーと、サイドを複数人の連携で崩すプレーでした。また。高いDFラインも統制がとれ、オフサイドに名古屋の攻撃がことごとく防がれました。

監督交代直後とのことですが、チームに合わないポジショナルプレーを目指すよりも明らかに強いチームになった印象です。

強度も気持ちも不足した名古屋。どのような準備をしてこの試合に臨んだのか?

一方、攻守に問題点が噴出した名古屋は以前から指摘していた弱点が如実に現れました。

  • FWに不足する守備時の状況判断
  • ビルドアップ時のサポート不足

必要なときに不足するFWの守備。チーム全体の守備戦術は構築しているのか?

何度も指摘していますが、名古屋FWの守備は必要なときに必要なプレーができていないことが結構あります。

今日は最初の失点シーンまでがまさにそうでした。

FC東京のプレッシャーと攻撃に、明らかに危険な状態が続いていました。

攻め込まれたときにFWを含めどう守るのか、きちんと戦術的に構築してあるのでしょうか。

高いプレッシャーに露呈したビルドアップ時のサポート不足。チームとして対応していないのか?

また、FC東京のプレッシャーに、名古屋伝統の弱点である、ビルドアップ時のサポート不足もかなり強調されて表出しました。

以前から書いていますが、これは恐らく普段の練習で取り組んでいないことが原因だと推測されます。

何度も書いていますが、ハイプレッシャーに対抗するビルドアップのレベルアップは絶対に必要です。

基本は各選手が自分で判断しサポートに動くことです。しかし、それを前提としつつも、チームとして高いレベルにまで戦術的に構築しなければ、ハイプレッシャーをしかけてくる相手にはビルドアップは成立しません。

控え選手に目立った強度の低さ。この点からも普段の練習の質が疑われる

また、交代で入った控え選手の多くは、FC東京のハイプレッシャーに明らかに適応できていませんでした。

これこそが、普段、高いプレッシャーをかかったプレーを練習していない証拠ではないかと感じます。

レギュラー組は試合を通して高いプレッシャーに順応しているのでしょう。しかし、試合期間が空いたあとは明らかにプレッシャーへの対応が遅れているように感じます。

明らかに戦術的なレベル差で落とした試合。戦術的レベルアップを

高いDFラインを維持し、FWからDFまで一体となったプレス、複数人でサイドを崩す攻撃。

ディエゴ・オリベイラという強烈な選手がいましたが、それ以上に戦術的な部分のレベル差が今日の敗戦の原因だったと感じます。

カウンターや、選手個々には、いいプレーも随所に見られました。しかし、チーム戦術のレベルが低くては、勝てる試合も勝てなくなります。

カウンター以外は、選手個々の判断に頼りすぎたサッカーの限界があぶり出された試合だと感じました。

リーグ前半戦、幸運に恵まれた分、後半は運が相手チームに味方する試合が多くなってもおかしくありません。

それを覆せるだけの戦術的な強みを、チームに植え付けること。

それが長谷川監督らに求められることだと思います。

本気で優勝を目指すのであれば。

最後まで読んでいただきありがとうございます。これからもたくさん記事を書いていくために、少しだけご協力ください。下の2つのバナーをクリック、もしくはポチッっとお願いします(名古屋グランパスの人気ブログの一覧画面が表示されます)。

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ

コメント