名古屋グランパス vs サガン鳥栖戦展望 Jリーグ第3節

グランパス

先日のルヴァンカップ2回戦の広島戦では、残念ながら2対0で破れてしまった名古屋グランパス。

明日は気を取り直して、鳥栖戦となります。

酒井選手と仙頭選手の移籍元チームでもあります。

さてその鳥栖ですが、かなり特殊な戦術だという噂を聞きつけて、前節の湘南戦を見てみました。

GKがセンターバックの間に上がってビルドアップを行う戦術です。両センターバックが下がってゴールキーパーの両側に広がるのではありません。GKがペナルティエリアから出ることも全然普通なくらい、高い位置でビルドアップに携わります。ビルドアップの主要メンバーにGKも含めてしまい、数的有利を作り出す戦術です。ボールテクニックにすぐれたGKだからできるやり方です。

ただ逆に、ゴールががら空きの状況が生まれてしまう戦術でもあります。かつての日本代表、小笠原選手が現役だったら、絶対に超ロングシュートを狙うシチュエーションだと思います。稲垣、レオシルバ、仙頭あたりは、スキあらば明日はロングシュートをぜひ狙って欲しいです。

また、時にはセンターバックまで、前線付近にオーバーラップしてくるシーンもありました。全体的に数的優位を作ることを優先した、かなり珍しい戦い方に映りました。

リトリートで後ろへ下がって相手のミスを待つ、という戦い方では、ハーフコートに押し込まれて攻め続けられてしまう可能性があるので、明日はぜひ前からの積極的なプレスで鳥栖の戦術を防いで欲しいです。

前からのプレスとDFラインを高くキープすること、それを維持するための選手全体の連動性が必要となりそうです。ゴール前に人数をかける、分厚い攻撃をするためには、DFラインを押し上げてボランチのポジションもある程度高い位置まで上げたいところです。当然リスク管理が重要になります。

予想スタメン・・・神戸戦と同じスタメンです

トップ 酒井

2列目 マテウス、仙頭、相馬

ボランチ レオシルバ、稲垣

DF 吉田、チアゴ、中谷、宮原

GK ランゲラック

今回の予想布陣は、さすがに当たりそうですね。

ルヴァンカップで目立っている、甲田を切り札として後半投入でしょうか。

主力選手が先日の広島戦で長い時間出場しているので、多少スタミナ面が心配ではあります。

ルヴァンカップではやや停滞していますが、明日はしっかりと勝ってはずみをつけて欲しいです!

にほんブログ村 サッカーブログへ ←クリックをお願いします。

名古屋グランパス、サッカー日本代表応援ブログ←ブログホームへ。

コメント