香川真司、林大地、原大智 シント=トロイデン vs メヘレン : 第30節

原大智

香川が出場した、後半中心に見ました。

なんと、「にしたんクリニック」がプラチナスポンサー契約したようです。ユニフォームに「にしたん」ってプリントされています。恐るべしにしたんクリニック。あのおもしろいCMといい、攻めていますね。

林は前半、慣れない守備的なポジションで、守備で脆さを見せましたが、ポジションを前に移したあとはいつもどおり、アグレッシブにプレーできていました。

原はゴール前よりも、一つ低いポジションでのパスや組み立てのところでうまさを感じました。同点弾をアシストするクロスも良かったです。ただ、やはり欲しいのはゴール前で違いを作れるプレーです。スピードはあまり期待できないので、高さと強さを極めて欲しいです。

そして香川ですが、試合終了間際、CKのボールから、惜しいシュートを打つなど見せ場を作りましたが、結果は出せず、1対1で試合は引き分けです。ホームとは言え、組織的な攻撃がいいメヘレンと引き分けなら御の字かもしれません。

この日の香川は、ゴール前でスルーパスや、連携などでも良いプレーがありました。しかし、ドリブルで前に切り裂くプレーはやはり見られず、怖さが不足している印象です。

ゴール前に走り込む動きや、味方選手と連動した中で前に崩すプレーはあるのですが、やはり止まった状態の1対1は厳しそうで、バックパスで終わることが多かったです。

俊敏さがあまり感じられず、なんだか体が重そうな印象を受けました。

とはいえ、この日は45分出場しましたし、守備はともかく、攻撃では徐々に良いところを出しつつあると感じました。今後の活躍に期待です。

「いいね」の代わりに、クリックをお願いします。→ にほんブログ村 サッカーブログへ

名古屋グランパス、サッカー日本代表応援ブログ ← ブログホームへ。

コメント