名古屋グランパス vs ヴィッセル神戸、グランパス選手評価

グランパス

先日、見事勝利を飾ったグランパス、今日は選手ごとの評価を勝手に書いてみます。あくまでサッカー好きの勝手な評価ですのであしからず。

ランゲラック・・・7

何度か訪れた神戸の決定機を、見事にシャットアウト。無失点に抑えた。

吉田 豊・・・7

デュエルでの積極的なボール奪取、フリーランでの早く適切なサポート。強さと運動量で存在感を発揮した。一方、パスミスも散見されたので6.5にするか迷ったが。貢献度は高かった。

チアゴ・・・6.5

無難に守り、長めのフィードでビルドアップに貢献したか。門の間を抜かれたり、カウンターでピンチを招くことも。

中谷 進ノ介・・・6.5

こちらも守備に奮闘。フィードの点やピンチを迎えた点もチアゴと同じ。ディフェンスラインを高く保ち、プレス戦術を後ろから支えた。

宮原 和也・・・7

前へのボール奪取力の高さを見せつけた。

マテウス・・・8

MOMとしたい。守っては激しいデュエル、攻撃ではドリブル、オウンゴールにもつながった高速クロスと、圧倒的な存在感を示した。左サイドは彼が支配していた。

レオ・シルバ・・・7

適切にポジションを取り、適切に守り、適切にパスを出し、チームを勝利へ導いた。プレー判断やプレー精度に間違いが少ない選手だった。

稲垣 祥・・・7.5

中盤での運動量と激しい守備、そして、チャンスと見ればゴール前に駆け上がり、先制点を押し込んだ。チームの屋台骨として活躍。

相馬 勇紀・・・6

ドリブル、スキを見たボール奪取など、本能的な動きで良いところを発揮。ただ逆に、今年の全選手が連動した守備の動きは消化しきれておらず、戸惑いが見られた。守備の際のポジショニングがあいまいで、神戸にとっての安全地帯を提供してしまった。

仙頭 啓矢・・・7.5

前線からの積極的なプレス、運動量で貢献し、攻撃でもパスなどでそのセンスの一旦を垣間見せてくれた。

酒井 宣福・・・7.5

こちらも前線でのプレスと運動量が良く、また、ポストプレーヤーとして体をはって起点を作ろうと躍動。扇原の退場を誘ったプレーなど、チャンスにもしっかり顔を出し、怖さもあった。求めたいのはゴール前での精度か。強いシュートよりも、空いたコースへ正確に流し込むことを意識して欲しい。

柿谷 曜一朗・・・6

コンディション的に難しいところがあったか。トップ下へ入り攻撃面では一定のプレーを見せたが、守備の際の運動量、デュエルではどうしても物足りなさを感じさせた。マッシモの元、守備位置へ戻る動きはマスターしたが、今季はさらにインテンシティを高め、デュエルで戦えるように変化できるか?

森下 龍矢・・・6.5

運動量、積極性で良いところを見せ、プレー判断やプレー精度で悪い面を見せてしまった。豊富な運動量を、どういうプレーに結びつけるかが課題か。

長谷川 健太・・・6.5

コロナの影響で練習試合などがなくなった中で、しっかりとチームとしての形を見せてくれた。交代をやや遅らせたのは、実践練習不足分を試合の中で補おうとしたためか。プレス、速攻戦術はこれから磨きをかけてくるはず。相馬、柿谷などの攻撃に特化した選手や、若手にこの戦術に落とし込んで戦力化していけるかどうか手腕が試される。また、スタミナを消費する戦術のため、スタミナを管理する試合運びを植え付けられるか、これから夏場に向けて特に重要と思われる。

全体評・・・7

イニエスタ不在、かつ、後半早い時点で10人になった神戸に対し、危ない場面を作られながらも、連動したプレスと速攻を武器に勝ちきった。ただし、もし相手FWに決定力があれば、勝ちきれていたかどうかは心配なところ。戦術的な熟練度は徐々に上がるだろうが、スタミナ消費も激しい戦術のため、控え選手の充実がチーム力安定のカギとなるか。

あとがき

思ったままに書いてみましたが、客観的に判断できているか疑わしいです。センターバックのところが一番怪しいです。そして全体的に点数を甘くつけてしまったかもしれません。勝ったから大目に見てください。

神戸はどうだったのか?・・・こちらも書いてみました。

コメント