【名古屋グランパス vs 横浜FC】1対1、組織力で勝った横浜FCが同点に持ち込む

グランパス

天皇杯を含めて3連敗の名古屋、ホームの試合で悪い流れを止めたいところです。

勝てない試合が続いていますが、組織力を中心に、少しずつ、各部分のレベルを上げていくしかありません。間違ってはいけないのは、名古屋が勝って当たり前のチームではなく、本当に強いチームへの成長を目指している途中、だということです。

移籍組では、完全にチームにフィットした森島以外の、前田、中島らにはそろそろ結果を出して欲しいところです。

試合とは離れますが、森下、代表選出おめでとうございます。引き続き、無理のない範囲で地道にレベルアップを。

総括:名古屋勝利の流れを断ち切った横浜FC

互いに守ってカウンターを狙う両チーム。

先制したのはやや押されていた名古屋でした。

その後は流れがやや名古屋に傾き、しっかり守って久しぶりの勝利を感じさせた終盤。

名古屋の足が止まった中、横浜FCが起死回生の同点ゴール。

終盤、名古屋は再度ゴールを目指しパワープレーに入りますが、実らず。

今シーズン開幕戦で対戦した横浜FC。あの試合では、目指す方向性に個人としても、組織としても追いつけていない印象でした。

しかし、この試合では固い守備、守ってからの速いカウンターと、目指すべきプレーがフィールドでしっかり表現できていました。短期間でJ1仕様に練り上げた四方田監督の手腕は素晴らしいと感じました。

そして、同点となりましたが、名古屋の皆さん、お疲れ様でした。

そして、一言。

固い守備からの速い攻撃。

パスをつなぐ攻撃は楽しいし私も大好きですが、激しいプレッシャーでボールを奪う、それこそが最も重要なプレーだと考えます。

前半:拮抗した試合、先制したのはやや押された名古屋

名古屋がボールを回し、横浜が守ってカウンターを狙う展開。

名古屋のパスの正確性がいい感じです。

河面のロングフィードが目立ちます。

互いにしっかり守り、膠着状態が続きます。

横浜FCは高い位置でのボール奪取からのカウンターを明らかに狙っています。低い位置でのボール保持には注意が必要です。

15分ごろからは横浜FCがボールを回し、ロングフィードなどで迫ります。

対する名古屋のロングフィードは前線の選手と合わず、横浜FCにボールを奪われます。

中盤底に空間ができる、名古屋の悪い癖も見られます。

しかし、名古屋が森島のドリブルからのパスを起点に、ボールを回した崩しでゴール。オフサイドになりかけましたが、幸先いい先制点。

対する横浜FCも、しっかりボールを回し、フィニッシュへつなげる攻撃。決してあなどれません。

互いにゴールに迫りますが、前半は名古屋リードで終了です。

後半:勝利目前で許した同点ゴール。こぼれ落ちた勝利

中盤でのボールの奪い合いが目立ちます。

横浜FCは早めの選手交代で打開を図ります。

名古屋に求められるのは、無理な攻撃ではなく、冷静な試合運び。

互いの中盤でのボールへのプレッシャーが目立ちました。

選手交代:ユンカー OUT → 野上 IN

野上が右WB、和泉がトップ~中盤あたりの右か。

早めの交代は正解だと感じます。

CK後の名古屋の押し上げ不足が気になります。

選手交代:永井・和泉 OUT → 前田・貴田 IN

守りきりたい試合でしたが、名古屋の足が止まった終盤。

横浜FCがクロスをシュート、こぼれをしっかりつめて同点となります。

名古屋の足が止まった状態。相手の前に立っていれば、相手がミスしてくれるのは、今のJリーグではもう望んではいけないのでしょう。ボールを奪うプレーこぞが重要です。特に味方ゴールに近ければ近いほど。

選手交代:森下 OUT → 中島 IN

同点のシーンもそうでしたが、横浜FC近藤選手のドリブルが脅威でした。

終盤、名古屋はゴールを目指して攻めますが、同点のまま試合終了です。

スタメン:野上に代わり和泉が右WBか。サブに貴田が復帰

右WB、久々に和泉が先発です。藤井ら、疲労が溜まっているようなので、積極的な交代策でコントロールしたいところです。

サブに久保、山田、そして貴田が久々に登録です。

選手評:

ユンカー:暑さの影響か、移籍関係の影響か、精細を欠いた。夏場は交代ありきの起用が適切か。

永井:運動量、ダイレクトの狙い、守備でのプレッシャーのスピードと前線で奮闘。

森島:ドリブルで崩し、チャンスを作るパスを通す。個人技で試合を動かした。

和泉:逆サイドまで動き、打開を図る。最後のパスの精度を大切にしたい。守備のポジショニングは、やや低さが気になったが適切だったか。

森下:対面選手もレベルが高く決定的なプレーは出せなかった。最後の1対1を止めきれずクロスを許してしまった。

稲垣:精力的な守備と攻撃参加、そしてゴールへつめてのフィニッシュ。

内田:攻撃での気の利いたプレーにプラスして、中盤での厳しいプレッシャーが徐々に目立ってきた。ボランチであるならば、守備力が第一。終盤も衰えないチェイスも効果的。

藤井:ビルドアップ時のフリーラン、ドリブル、パスが効果的。ただし、上がったあとのパス精度はまだまだ向上させる必要あり。DFラインを離れ、高めの位置でのボール保持者へのプレッシャーも効果的。守備の高さ、強さが際立った。

中谷:序盤、河面のミスを確実にフォロー。ピンチの1対1もしのぎきったが、終盤の守備組織を維持できなかった。

河面:ロングフィードにスピードがついてきた印象。キックには、速さと低さを求めたい。一方、守っては、危険なプレー、ボールロストが多過ぎた。DFラインでボールロストする選手は世界では戦えない。改善すべき。高めの位置へのプレッシャーも増えてきた。体をぶつけて相手の自由を奪う、バランスを崩す強さがほしい。

ランゲラック:安定感のあるプレー。攻め急ぐことなく、しっかりとボールを落ち着けた。失点は致し方ない。

野上:しっかりと役割を果たした。

前田:積極的なチェイスはチームを助けた。ドリブルで決定機を作りたい。

貴田:ボールを奪う積極的なチェイス。

中島:ポストの強さは見せた。

最後まで読んでいただきありがとうございます。これからもたくさん記事を書いていくために、少しだけご協力ください。下の2つのバナーをクリック、もしくはポチッっとお願いします(名古屋グランパスの人気ブログの一覧画面が表示されます)。

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ

コメント